fc8Times

welcome to wherever you are

チェルシー プレミアリーグ 5節 アーセナル戦 採点

チェルシー (H) 0 - 0 アーセナル (A) プレミアリーグ 5節 9/17, 2017

 

 

 

結果は残念だが、90分通してインテンシティが高く緊張感が途切れない、ゲームとしてはスコアレスドローでも面白い試合の第5節。

 

 

スタメン

クルトワ (Courtois) 7.0 ファインセーブでガナーズに得点を許さず、クリーンシート。

アスピリクエタ (Azpilicueta) 7.5 高い集中力を90分間保ち、インテンシティの高い試合でもミスター安定の本領発揮。モラタへのホットライン、今回はもう少しで繋がらず。。。。

ダヴィド・ルイス (David Luiz) 6.5 レッドカードを貰うまで、攻守に渡って素晴らしいパフォーマンスだっただけに残念。。。。

ケーヒル (Cahill) 6.5 出場停止からの復帰戦。集中力高く守っていたが、少し軽いプレーがみられる場面があり、不安を残す。。。。

モーゼス (Moses) 7.5 激しいデュエルを繰り返し、果敢な攻め上がりで右サイドから好機を演出。

カンテ (Kante) 7.5 疲れ知らずの豊富な運動量で、どこにでも現れボールを刈り取るだけでなく、ドリブル、ロングパスと攻撃面でも多大な貢献。

セスク (Fabregas) 7.5 セスクのパスはセスクにしか出せない。質の高いパスを供給し続けた。

マルコス・アロンソ (Marcos Alonso) 6.5 左サイドで激しいデュエルを繰り返し、素晴らしいカバーリングも披露。攻撃面では目立った活躍はみられなかった。

ウィリアン (Willian) 7.0 ガナーズ守備陣を掻き回し厄介な存在であり続けたが、得点は産まれず。。。。

ペドロ (Pedro) 6.5 この試合最大のチャンスを決められず、前半だけで交代。

モラタ (Morata)  6.5 自陣PA内のボールもヘディングでクリア。いいターンで前を向きゴールに迫る場面もあるも得点は産まれず。。。。

 

交代

バカヨコ (Bakayoko) 7.0 ペドロと交代で後半開始とともにピッチに。中盤でのデュエルを制す。スライドの大きなドリブルで攻め上がり、攻守共にコンテ監督の期待に応えた。

アザール (Hazard)  6.5 ドリブルで中に切り込んでシュートもチェフに防がれた。

クリステンセン (Christensen)  - 出場時間短く採点不可

 

監督

アントニオ・コンテ監督 (Antonio Conte) 6.5 ビッグロンドンダービー、チーム自体のインテンシティ、集中力は高く、パフォーマンス自体は悪くなかったが、結果が出なかった。。。。

 

 

C'mon Blues!!!!

 

 

 

5つのキーワードで読む“移籍バブル”の必然

月刊footballista (フットボリスタ) 2017年 10月号 [雑誌]

月刊footballista (フットボリスタ) 2017年 10月号 [雑誌]

 

ナイキの新しいユニフォームを着てブルーズをサポート!!

 

 

"4節 レスター戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

"3節 エヴァートン戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

   

"2節 トッテナム戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

 "1節 バーンリー戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

 

FIFA 18 体験版 もちろんチェルシーで遊んでみた。

FIFA 18 体験版 配信が開始された!!

 

iPhone X、iPhone 8、Apple Watch 3が発表されている同じ頃 (9/13 2AM)、FIFA 18の体験版の配信が開始された。

 

 FIFA 18体験版ダウンロードページ

f:id:frankc8:20170917101434p:plain

 

体験版に収録されているチームは、以下の13チーム。

 

 

チェルシー収録されてるー!!

 

収録メンバー

 

収録メンバーをみてみるとこんな感じ。 

f:id:frankc8:20170917100415j:plain

f:id:frankc8:20170917100509j:plain

 

スタメン

 

サブ

  • ウィリアン
  • バチュアイ
  • セスク
  • ムソンダ
  • リュディガー
  • クリステンセン
  • カバジェロ

 

体験版には、ドリンクウォーターとザッパコスタは収録されていなかった。。。。

 

キックオフ

 

で、"キックオフ"で実際プレーしてみた。

 

モラタが足でのゴール!! 


FIFA 18 体験版 モラタが足でも決めた!

 

現在、プレミアリーグ4試合3ゴール全てヘディングで決めているモラタの足でのゴールをお先に!!

 

 アロンソのゴラッソ炸裂!!


FIFA 18 体験版 アロンソのゴラッソ!!

 

アロンソは、マンチェスター・ユナイテッドのゴールに利き足とは逆の右足でのゴラッソ炸裂!!

 

気持ちいいーーーー!!!!

 

360°のリプレーカメラで、さまざま角度でゴラッソを確認できるのも新しい要素で楽しーーーー!!!!

 

 

今月末が待ち切れないー。 

 

それまでは、ぜひ体験版で。

FIFA 18体験版ダウンロードページ

 

チェルシー チャンピオンズリーグ GS 1節 カラバフ戦 採点

チェルシー (H) 6 - 0 カラバフ (A) チャンピオンズリーグ GS 1節 9/12, 2017

 

 

 

チャンピオンズリーグ復帰戦、6発快勝!!

全体的には少しゆるくなるところもあったけど。。。。

 

 

スタメン

クルトワ (Courtois) 7.0 ほとんど危機もない静かな夜になった。

アスピリクエタ (Azpilicueta) 7.5 いつもよりインテンシティがゆるい感じがしたが、セスクのピンポイントクロスをヘディングでゴール!!

クリステンセン (Christensen) 8.0 3バックの真ん中で、若さに似合わず落ち着いた素晴らしいパフォーマンスを披露。

ケーヒル (Cahill) 5.5 出場停止からスタメンに復帰。積極的な守備をみせていたが、プレミア開幕戦を思わす必要のないファールでイエローカードをもらう。

ザッパコスタ (Zappacosta)  8.5 右サイドをスルスルと駆け上がりスーパーシュートをねじ込む。ゴール後も前からの積極的な粘り強い守備から攻撃に繋げる場面が多くみられた。モーゼスにいい刺激を与えた。

カンテ (Kante) 7.5 いつもより気持ち前のスペースでプレー。で、いつもの通り広いエリアをカバーしつつ、攻撃に参加。

セスク (Fabregas) 8.0 アウトサイドでの素晴らしいピンポイントクロスでアスピリクエタのゴールをアシスト。得点にはならなかったが多くの素晴らしいパスを供給。ボールをうまく散らし、リズムも整えた。

マルコス・アロンソ (Marcos Alonso) 6.5 無難なプレー。序盤にミドルを放つもゴールにはならなかった。

ウィリアン (Willian) 7.0 持ち過ぎる感もあったが、ドリブルで単独で仕掛けられ、カラバフ守備陣には厄介な存在だった。ポストにあたる惜しいシュートも。

ペドロ (Pedro) 7.0 狙い澄ましたミドルシュートでオープニングゴール!!その後は目立った活躍はみられず、58分にアザイールと交代。

バチュアイ (Batshuayi)  7.0 終盤にゴールを決めるも、ファスートタッチがうまくいかない場面が多く、ポストプレーが安定せず。。。。

 

交代

アザール (Hazard)  6.0 相手をひらりとかわしドリブルで駆け上がるなど、少しづつキレを取り戻しつつある。。。。

バカヨコ (Bakayoko) 7.0 カンテとの交代でピッチに入り、CKから相手のクリアミスを押し込みゴール!!その後もバチュアイへのアシストも。

リュディガー (Rüdiger) 5.5 左サイドのアロンソにすごいサイドチェンジを披露。が、全体的に集中力がなくユルいプレーでピンチを招く場面が気になった。

 

監督

アントニオ・コンテ監督 (Antonio Conte) 7.0 チャンピオンズリーグ復帰戦、大量得点での快勝!!週末のアーセナル戦に向け、ローテンションで、モラタ、ダヴィド・ルイス、モーゼスを完全に休ませることもできた。また、ザッパコスタの活躍をはじめ、チーム内にさらに刺激を与えることにも成功。

 

 

C'mon Blues!!!!

 

 

 

5つのキーワードで読む“移籍バブル”の必然

月刊footballista (フットボリスタ) 2017年 10月号 [雑誌]

月刊footballista (フットボリスタ) 2017年 10月号 [雑誌]

 

 

ナイキの新しいユニフォームを着てブルーズをサポート!!

 

 

チェルシー プレミアリーグ 4節 レスター戦 採点

チェルシー (A) 2 - 1 レスター (H) プレミアリーグ 4節 9/9, 2017

 

 

 

チームとしてパッとしなかった。。。。4節。

代表ウィーク明けはやっぱり難しい。。。。!?

 

 

スタメン

クルトワ (Courtois) 6.5 カウンターからのスリマニのシュートをスーパーセーブも、後半ヴァーディーを倒しPKを与え失点。

アスピリクエタ (Azpilicueta) 7.5 エヴァートン戦のアシストをもう一度観ているようなモラタへの素晴らしいピンポイントクロスでのアシスト!!ヴァーディーにPKを与えたクルトワへのバックパスはもう少し強く蹴れていれば。。。。

ダヴィド・ルイス (David Luiz) 7.5 素晴らしいパフォーマンス。ディフェンス面では攻撃的な守備が観られレスターの攻撃陣を抑える。攻撃のスイッチとなる縦パス、左右真ん中と前線へのロングパスを散らし攻撃面での貢献も大きかった。

リュディガー (Rüdiger) 7.0 ブルーズの3バックの左、見慣れて来た。シンプルなプレーで安定のパフォーマンス。

モーゼス (Moses) 6.5 深い位置まで侵入してのクロスが何度かみられた。

カンテ (Kante) 8.0 ピッチの広範囲をカバーしてレスターの攻撃を多く摘んだ。チーム2点目のロングシュートでのゴールも見事。

セスク (Fabregas) 6.5 モラタへの浮き玉でのスルーパス、ペドロとのワンツーからのシュートとらしさはみせたが。。。。

バカヨコ (Bakayoko) 7.0 カンテとのコンビで中盤で躍動。中央を力強く強引に突破する場面が何度かみられた。

マルコス・アロンソ (Marcos Alonso) 6.5 悪くはないが目立った活躍はみられなかった。

ペドロ (Pedro) 6.0 いつものパフォーマンスはみられず、62分にウィリアンと交代

モラタ (Morata)  8.0 またもアスピリクエタとのホットラインで先制点。見事なヘディング。4試合3得点!!左サイドに流れてボールを呼び込む場面も。

 

交代

ウィリアン (Willian) 6.0 やはり、ウィリアンは仕掛けられる。惜しいシュートも。

ザッパコスタ (Zappacosta)  6.0 プレミアデビュー。惜しいシュートも。

アザール (Hazard)  - 出場時間短く採点不可 (怪我から復帰)

 

監督

アントニオ・コンテ監督 (Antonio Conte) 7.0 代表ウィーク明けはやはり難しいのか。が、しっかり勝点3ポイント獲得。ザッパコスタのデビュー、アザールの復帰もでき次の試合に向けて明るい材料も。 

 

 

C'mon Blues!!!!

 

 

 

5つのキーワードで読む“移籍バブル”の必然

月刊footballista (フットボリスタ) 2017年 10月号 [雑誌]

月刊footballista (フットボリスタ) 2017年 10月号 [雑誌]

 

ナイキの新しいユニフォームを着てブルーズをサポート!!

 

 

 "3節 エヴァートン戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

   

"2節 トッテナム戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

 "1節 バーンリー戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

 

日本代表 サウジアラビア戦 採点

日本 0 - 1 サウジアラビア 2018年ロシアW杯アジア最終予選 9/5, 2017

  

 

うーーーーん。。。。

 

スタメン

川島永嗣 6.0 スーパーセーブで日本の危機を防ぐ場面もあったが。。。。失点はノーチャンスか。

酒井宏樹 6.0 攻守に貢献はみられたが、オーストラリア戦程のインパクトはなかった。

吉田麻也 5.5 繋ごうとして、ボールを取られてピンチを招く場面も。

昌子源 6.0 CKからヘディングシュートも弾き出される。。

長友佑都 6.0 前半精力的に攻守に貢献していたが、後半は目立たなくなった。。。。

山口蛍 5.5 入りはよく、素晴らしいミドルシュートもあったが、不用意なバックパスでピンチを招く。

井手口陽介 6.5 素晴らしいカットからの展開で攻撃の起点に。

柴崎岳 6.0 ダイレクトパスで攻撃にリズムをつけていたが、大きなインパクトは残せず。。。。

本田圭佑 4.5 先発したが攻守ともにインパクトを残せず、前半のみの出場。今のままでは、更にスタメン復帰が厳しくなった印象。

原口元気 6.5 いつも通り、運動量豊富にプレス、チェーシング、カットと前線からの守備での貢献大も、攻撃面では力を出せず。

岡崎慎司 5.5 ミドルシュート、CKからヘディングシュートも放つがプレミアでみせてるような好調さはみられなかっった。。。。岡崎もハリル監督の元でスタメン復帰するのはまだまだインパクトが必要そう。

交代

浅野拓磨 6.0 オーストラリア戦より自信を持ってプレーしてるのが感じられ、自身の武器であるスピードを使って敵陣深く侵入する場面も何度かみられた。

杉本健勇 5.5 難しい状況での日本代表デビュー。ほとんどボールに絡めず。。。。

久保裕也  - 出場時間短く採点不可

 

監督

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督 5.5 何人かの選手を替えて最終戦に臨んだが、勝ちという結果も収穫も得られなかった。 

 

 

 

戦い方の違いも確認できるザックジャパンのW杯アジア最終予選(全8試合)の記録

 

代表選手の覚悟、オシム & 代表レジェンドからのエール

   

 

日本代表 サウジアラビア戦 スタメン予想

W杯出場を決めての最終戦

 

サウジアラビアはW杯出場権をかけ、彼らのホームで本気で向かってくる。

 

日本はどのような結果になっても首位突破だが、いい流れを保ちつつW杯までにチーム力を底上げする為にも単なる消化試合にすることはないだろう。

 

そんなサウジアラビア戦、ハリルホジッチ監督は、どんなスタメンで臨むんだろうか??

 

 27名のメンバーから香川長谷部はコンディションが万全ではない為、回復を優先して離脱した。

  

GK 
川島永嗣 (FCメス) 
東口順昭 (ガンバ大阪) 
中村航輔 (柏レイソル)

DF 
酒井宏樹 (マルセイユ) 
酒井高徳 (ハンブルガーSV) 
長友佑都 (インテル)
槙野智章 (浦和レッズ) 
吉田麻也 (サウサンプトン) 
昌子源 (鹿島アントラーズ) 
植田直通 (鹿島アントラーズ) 
三浦弦太 (ガンバ大阪)

MF 
長谷部誠 (フランクフルト) *怪我からの回復を優先して離脱
山口蛍 (セレッソ大阪)
井手口陽介 (ガンバ大阪) 
高萩洋次郎 (FC東京)
小林祐希 (ヘーレンフェーン) 
柴崎岳 (ヘタフェ)
香川真司 (ドルトムント)
 *怪我からの回復を優先して離脱

FW 
浅野拓磨 (シュトゥットガルト)
久保裕也 (ヘント)
本田圭佑 (パチューカ) 
乾貴士 (エイバル)
武藤嘉紀 (マインツ) 
原口元気 (ヘルタ・ベルリン) 
岡崎慎司 (レスター・シティ) 
杉本健勇 (セレッソ大阪)  
大迫勇也 (ケルン)

 

勝ちを考えつつ、リフレッシュもさせ、チームの底上げも考えながら。。。。

 

また、オーストラリア戦と違って、誰がスタメンになるのかむずかしい。。。。

 

でも、サウジアラビア戦のスタメンは、こんな感じかなと予想。

続きを読む

日本代表 オーストラリア戦 採点

日本 2 - 0 オーストラリア 2018年ロシアW杯アジア最終予選 8/31, 2017

  

 

オーストラリアを零封してのW杯出場決定なので、今日は全員10点でもいいんだけど。。。。 

 

スタメン

川島永嗣 6.5 的確な判断が随所でみられオーストラリア相手に零封。素早いゴールキックで攻撃の起点になる場面も。

酒井宏樹 8.0 攻守に貢献大。攻めでは、タイミングのよい攻め上がり、鋭い縦パスで右サイドでの攻撃の起点に。守りでは、身体を張ったデュエルでも負けない守備で零封に貢献。

吉田麻也 6.5 厄介なユリッチ、ケーヒルが出てきても彼らを自由にさせず最終ラインで存在感を発揮。イラク戦の失点シーンのデジャビュみたな場面もみられたが、その後は、セーフティなプレーを選択。

昌子源 6.5 日本代表でのプレーにも自信が出てきて頼れる存在に。オーストラリアが縦にパスが入れてきたところをタイミングよくカット、身体をうまく寄せ、粘り強く守り、オーストラリアに点を与えなかった。

長友佑都 7.0 素晴らしいクロスで浅野の先制点を演出。運動量も多く、最後まで走り続け、攻守に貢献し続けた。

長谷部誠 6.5 帰ってきたキャプテン。ボールロスト、バックパスによりピンチを招く場面もあったが、長谷部キャプテンがいることによって、チームに落ち着きをもたらした。

井手口陽介 8.5 豊富な運動量で前からボールを狩って、高い位置からの攻撃の起点になり、ハリル監督のやりたい展開を体現。そして、何と言っても試合を決めるスーパーな2点目のゴール!!

山口蛍 6.0 いつもの山口のようなボール奪取がみられなかった。

浅野拓磨 7.0 うまく抜け出し先制点を決めて勝利に貢献。しかし、特に前半序盤のプレー判断はよいとはいえず、改善の余地あり。

乾貴士 7.5 仕掛け、キープ効いていた。運動量も豊富で守備でも貢献。なんかチェルシーのペドロみたいにみえた。

大迫勇也 8.0 ホントに安定したポスト。どんなボールでも収めてくれる。このプレーをされると岡崎のコンディションがよくてもなかなか大迫を外すことはできない。

交代

原口元気 6.5 出てくるなり、原口らしさをみせ、エネルギー溢れるチェーシング。井手口の2点目も原口のボール奪取が起点に。

岡崎慎司  - 出場時間短く採点不可

久保裕也  - 出場時間短く採点不可

  

監督

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督 7.0 コンディションを見極め、経験値とのバランスも塾考したスタメンが見事にハマる。W杯出場へ導く。チーム内の競争も激しくし、チーム力の底上げもみられる。 

 

 

代表選手の覚悟、オシム & 代表レジェンドからのエール

   

酒井高徳のボランチ起用、浅野拓磨のインサイドMF起用、長谷部誠のリベロ起用の興味深い解説が読めるフットボリスタ2017年4月号

月刊footballista (フットボリスタ) 2017年 04月号 [雑誌]

月刊footballista (フットボリスタ) 2017年 04月号 [雑誌]