fc8Times

welcome to wherever you are

チェルシー プレミアリーグ 8節 クリスタル・パレス戦 採点

チェルシー (A) 1 - 2 クリスタル・パレス (H) プレミアリーグ 7節 10/14, 2017

 

 

 

"FIFAウィルス"が猛威をふるった!? 最悪な試合。。。。

 

 

スタメン

クルトワ (Courtois) 6.0 不運な1点目の失点。ファインセーブもあったが結局2失点。。。。

アスピリクエタ (Azpilicueta) 4.5 1失点目は防ぎに行ったところが不運にもシュートの軌道を変えることになってしまい失点。2失点目は、ザハに完全に振り切られた。。。。失点シーン以外もいつもの安定感は全くなく。。。。

ダヴィド・ルイス (David Luiz) 4.5 3試合の出場停止明けはヒドいパフォーマンスに。1失点目、もう少し反応が良ければアスピリクエタのところまで行かずにクリアができていた。ザハとタウンゼントにやられ続けてた。。。。

ケーヒル (Cahill) 4.5 序盤、身体を投げ出したブロックをみせたり気合が入っていたのがみられたが、終始ザハとタウンゼントに振り回され続けた。キャプテンとしてもチームを締めて欲しかった。。。。

モーゼス (Moses)  5.0 何かをする前に負傷でピッチを後に。。。。

セスク (Fabregas) 6.5 バカヨコの得点を弾道の低いCKでアシスト。ボールを散らし、スイッチを入れるパスを供給。ロングフィードで決定的なパスを何度も通すも受けた相手が決められず。。。。自身のミドルシュートもポストと独り気を吐く。

バカヨコ (Bakayoko) 6.0 ヘディングでプレミア初ゴール。ロングフィードを左右に散らす。中盤のフィルターにはなりえなかった。。。。

マルコス・アロンソ (Marcos Alonso) 5.5 高い位置を取り惜しい場面もあったが、アロンソの裏のスペースを相手に多く使われた。。。。

ウィリアン (Willian) 4.0 緩慢なパフォーマンスで最悪なでき。サコーに奪われて、パレスの逆転の起点になってしまった場面が今日のウィリアンを表してる。。。。

アザール (Hazard)  4.5 いた??って感じ。ザッパコスタの素晴らしいクロスは押し込みたかった。。。。

バチュアイ (Batshuayi)  4.0 せっかくのチャンスを全く活かせず。。。。ゴールも取れず、ボールも収められず。。。。

 

交代

ザッパコスタ (Zappacosta) 6.5 モーゼスの負傷交代でピッチへ。右サイドを駆け上がり推進力をもたらし、何度かいいクロスを。セスクのロングフィードに抜け出したが惜しくもオフサイドに。

ペドロ (Pedro) 6.0 ブルーズにエナジーを注入し、勢いリズムを取り戻そうとした。ペドロもセスクのロングフィードに抜け出したが惜しくもオフサイドに。

ムソンダ (Musonda)  6.0 セスクからのロングフィードをうまく胸トラップしたが、シュートはバーの上に。決めたかった。。。。

 

監督

アントニオ・コンテ監督 (Antonio Conte) 5.5 FIFAウィルスにやられた感はあるが、そこを踏まえてのマネージメントが秀逸だった気がするが。。。。チームのインテンシティは全く感じられずユルユル。。。。カンテのいない穴を埋められなかった。モラタの穴も大きかった。この苦しい状況で本領を発揮するのがコンテだと信じて、自説を期待。

 

 

C'mon Blues!!!!

 

 

かっこいいなー、3rd ユニフォーム

 

5つのキーワードで読む“移籍バブル”の必然

月刊footballista (フットボリスタ) 2017年 10月号 [雑誌]

月刊footballista (フットボリスタ) 2017年 10月号 [雑誌]

 

 

 

"7節 マンチェスター・シティ戦 採点"はコチラ↓↓↓↓ 

fc8times.hatenablog.com

 

"6節 ストーク戦 採点"はコチラ↓↓↓↓ 

fc8times.hatenablog.com

 

"5節 アーセナル戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

"4節 レスター戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

"3節 エヴァートン戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

   

"2節 トッテナム戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

 "1節 バーンリー戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

 

日本代表 ハイチ戦 採点

日本 3 - 3 ハイチ キリンチャレンジカップ 2017 10/10, 2017

  

 

うーーーーーんーーーーーな試合。。。。

 

スタメン

東口順昭 5.0 1失点目は一歩早く飛び出しができれば。。。。後方からのコーチングで防げる失点もあったようにも。。。。

酒井高徳 6.0 同点弾に絡む。PA内で落ち着いて切り返し、巻いたボールでゴールを狙うも外れる惜しいシュートも。

昌子源 4.5 ハイチのボランチの侵入に対応しきれず、失点。その後も集中を切らして失点。合計3失点はいただけない。。。。

槙野智章 4.5 後半、長友からキャプテンマークを受け取ったが、バタバタする守備陣に落ち着かすことはできなかった。。。。

長友佑都 6.5 キャプテンマークを巻き、前半のみプレー。倉田の先制点をアシスト。基本的に高いポジショニングで、ハイチ守備陣の裏を狙い続けた。

遠藤航 5.0 杉本の得点の起点となるスィッチのパスを配給。守備面ではアンカーとしてのフィルターはあまりかからなかった。。。。

小林祐希 6.5 落ち着き払って、キープ、スルーパス、サイドチェンジと攻撃のリズムを指揮した。

倉田秋 6.0 長友のクロスに反応し、ヘディングで2試合連続弾を決める。

浅野拓磨 5.5 右サイドから中に切り込んで行くプレーが目立った。が、個人プレーに走り過ぎているようにみえた。。。。

乾貴士 6.5 ドリブルで突っ掛けて、相手を翻弄。

杉本健勇 6.5 ポストプレーもしっかりこなし、代表初ゴールも。積極的にシュートも打てていたので、もう1点取りたかった。

 

交代

車屋紳太郎 5.5 同点弾に繋がるクロスを上げる。ボールが足につかない場面も見られ、全体的にデュエルで勝ててなかった。。。。

原口元気 6.0 右サイドでピッチに入るも左サイドにポジションを移してから調子が出てきた。左サイドをハーフウェイラインからドリブルで持ち上がりシュートも外れる。。。。

井手口陽介 6.0 右サイドの深いところに侵入し、クロス、香川と細かなパス交換と積極的に攻撃に絡んだ。

香川真司 5.5 酒井のシュートを触り、コースを変え同点弾。

大迫勇也 6.0 得点を求められてピッチに送り出されたが結果は出ず。ポストプレーは流石。

武藤嘉紀 5.0 結果を求められたが、目立った活躍はできず試合は終了。

 

監督

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督 5.0 いつもと違うメンバーで守備陣は後半に崩壊。予想外の試合展開で予定していたテストができなかったんではないか。。。。植田は途中交代で出場させたかった。。。。

 

 

本田が戦うメキシコ・リーグはこんなリーグ!! 

月刊フットボリスタ 2017年11月号

月刊フットボリスタ 2017年11月号

 

 

 あと8ヶ月、ロシアW杯!!

 

日本代表 ニュージーランド戦 採点

日本 2 - 1 ニュージーランド キリンチャレンジカップ 2017 10/6, 2017

  

 

ゆるゆるな試合。。。。

 

スタメン

川島永嗣 5.5 失点はノーチャンス。キックが相手に渡りピンチになる場面も。

酒井宏樹 6.0 倉田の逆転弾をアシストもいつもの迫力がみられなかった。。。。

吉田麻也 5.5 後方からロングフィードでチャンスを演出もウッドに同点弾を決められる。

槙野智章 5.5 可もなく不可もなく。

長友佑都 6.5 クロス、ロングフィードでチャンスをつくるも結果に繋がらず。。。。後半精力的に動き回った。

山口蛍 6.0 激しいデュエルをみせる場面もあったが、全体的にゆるかった。先制に繋がるPKを獲得。

井手口陽介 6.5 いいポジションニングからのカットなどボール奪取は多くみられたが、攻撃面での活躍はあまりみられなかった。

香川真司 5.5 落ち着きはみられたが、基本的に持ち過ぎな感が。。。。落ち着いて切り返してからのシュートもポストに。

久保裕也 5.5 あまり存在感がなかった。。。。

武藤嘉紀 6.0 前半、大迫との連携からチャンスをつくるも結果には繋がらず。。。。

大迫勇也 6.5 流石のポストプレー、タメのプレー。そして、PKをしっかり決めて先制点。

 

交代

小林祐希 6.5 素晴らしい落ち着きようで、日本のリズムをつくる。

杉本健勇 5.5 長友のロングフィードからシュートも得点にはならず。。。。次に期待。

乾貴士 6.5 ドリブルで相手を翻弄する。2点目の起点になるクロスも。

浅野拓磨 5.5 足の速さで攻撃にアクセントをつけようとするも結果は出ず。。。。

倉田秋 6.0 酒井の折り返しを低空のヘディングで代表初得点!!

遠藤航  - 出場時間短く採点不可

 

監督

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督 5.5 4バックは最後まで交代はなく、中盤、前線の選手を多く試したが、大きな収穫が得られたとは言えない。。。。

 

 

 あと8ヶ月、ロシアW杯!!

 

戦い方の違いも確認できるザックジャパンのW杯アジア最終予選(全8試合)の記録

   

 

チェルシー プレミアリーグ 7節 マンチェスター・シティ戦 採点

チェルシー (H) 0 - 1 マンチェスター・シティ (A) プレミアリーグ 7節 10/1, 2017

 

 

 

デ・ブライネにやられたの第7節。

 

 

スタメン

クルトワ (Courtois) 6.5 フェルナンジーニョの決定的なヘディングシュートをファインセーブ。デ・ブライネの素晴らしい強烈なシュートでのゴールはノーチャンス。

リュディガー (Rüdiger) 7.0 ジェズスの決定的なシュートを阻止。深いスライディングでのカット、いいポジションニングでのクリアとシティの攻撃を抑えた。アロンソ、カンテへのロングフィードで攻撃の組み立てでも貢献。

クリステンセン (Christensen)  7.0 シティ相手でも落ち着きをみせ、シティのクロスも跳ね返していた。

ケーヒル (Cahill) 6.0 積極的な守備をみせるもシティの前線のプレスに手を焼き、ミスキックする場面も。

アスピリクエタ (Azpilicueta) 7.0 モーゼスに代わり右WBでの先発。強烈なシュートを放つもエデルソンに防がれる。シュートだけでなく、素晴らしいクロスも供給。カットからカウンターの起点にも。

カンテ (Kante) 7.5 いつものようにピッチの大部分をカバーしていたが、シティ陣内の深い位置でも頻繁に顔を出した。序盤にモラタへの素晴らしいクロスをあげるも得点にはならず。

バカヨコ (Bakayoko) 6.5 激しいタックル、カンテとの連携でボールを奪取。

セスク (Fabregas) 6.5 広い視野を持ち、一気に流れを変えるパスをモラタ、アザール、バチュアイに供給するも得点には繋がらず。。。。

マルコス・アロンソ (Marcos Alonso) 6.5 ヘディングでのデュエルの強さが見れる場面が何度か。シルバのシュートもブロック。

アザール (Hazard)  6.5 モラタとの連携で前に抜け出しチャンスをつくる。モラタの負傷退場後は、偽9番としてプレー。

モラタ (Morata)  6.0 惜しい場面もありつつも前半途中で負傷交代。。。。

 

交代

ウィリアン (Willian) 6.0 モラタの負傷退場により34分にピッチに入るもインパクトを与えることはできなかった。

ペドロ (Pedro) 6.0 デ・ブライネの先制点の後に投入され、反撃を期待されたが目立った活躍はみられなかった。。。。

バチュアイ (Batshuayi)  6.0 先制点を許し、得点を期待されたがアトレティコ戦のような結果を残すことはできなかった。

 

監督

アントニオ・コンテ監督 (Antonio Conte) 6.5 厳しい日程でのシティ戦、想定外のモラタの負傷退場。難しい状況の中での判断ではあるが、采配がよい結果を出すことはなかった。ブルーズのパフォーマンスもそこまで悪いとうことではないが、シティのパフォーマンスが上回っていて、デ・ブライネにやられた。。。。

 

 

C'mon Blues!!!!

 

 

 

かっこいいなー、3rd ユニフォーム

 

5つのキーワードで読む“移籍バブル”の必然

月刊footballista (フットボリスタ) 2017年 10月号 [雑誌]

月刊footballista (フットボリスタ) 2017年 10月号 [雑誌]

 

 

 

 

"6節 ストーク戦 採点"はコチラ↓↓↓↓ 

 

fc8times.hatenablog.com

 

"5節 アーセナル戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

"4節 レスター戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

"3節 エヴァートン戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

   

"2節 トッテナム戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

 "1節 バーンリー戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

 

チェルシー チャンピオンズリーグ GS 2節 アトレティコ・マドリッド戦 採点

チェルシー (A) 2 - 1 アトレティコ・マドリッド (H) チャンピオンズリーグ GS 2節 9/27, 2017

 

 

劇的な逆転ゴールでのチャンピオンズリーグ2連勝!! 

この勝利は大きい!! 

 

スタメン

クルトワ (Courtois) 7.0 コケのミドルシュートを弾き出すファインセーブ。失点をPKの1点のみに抑える。

アスピリクエタ (Azpilicueta) 7.5 今夜もミスター安定の安定感あるプレーを披露。いつもより攻撃参加は少なかったが、機を見て高い位置でのカットからクロスをあげる場面も。

ダヴィド・ルイス (David Luiz) 6.5 イエローをもらい、PKを献上したプレーは頂けない。。。。それまでいいプレーをしていただけに残念。しかし、モラタの同点弾の起点となるアザールへのロングフィードの展開は見事。

ケーヒル (Cahill) 7.5 素晴らしいときのケーヒルのプレー。ほぼほぼ競り勝ち、アロンソが上がったスペースもカバー。惜しいシュートも

モーゼス (Moses)  6.5 序盤に嫌なところにクロスを供給。後半、ミドルシュートを放つも結果には繋がらず。。。。

バカヨコ (Bakayoko) 7.5 中盤の底で奮闘。バカヨコの働きでカンテが前で躍動出来た。アトレティコのカウンターにうまく対応し、攻撃を遅らせる場面も。

カンテ (Kante) 8.0 いつもよりけっこー高い位置でのプレーが目立った。バチュアイの逆転ゴールもカンテの素晴らしい縦パスもあり、アトレティコの守備を無力化。

セスク (Fabregas) 6.5 モラタへのロングフィード以外、いつものようなクリエイティビティ溢れるパスはなかった。。。。惜しいチャンスをポスト横に外す。。。。

マルコス・アロンソ (Marcos Alonso) 7.5 高い位置でのプレーが目立った。バチュアイの逆転ゴールをアシスト。

アザール (Hazard)  9.0 キレッキレ。アトレティコ守備陣を撹乱。モラタへの最高のクロスを送り同点弾をアシスト。ポストに当たったミドルシュートも放つ。

モラタ (Morata)  8.5 アザールのクロスに頭で合わせて同点弾。前線でボールをうまく収め、流れをつくった。アザールロングフィードに抜け出し惜しいシュートも。

 

交代

バチュアイ (Batshuayi)  7.0 最後の最後で、逆転ゴール!!バチュアイって持ってる!?

ウィリアン (Willian) 7.0 逆転ゴールもウィリアンの気の利いたFKが起点に。

クリステンセン (Christensen)  - 出場時間短く採点不可

 

監督

アントニオ・コンテ監督 (Antonio Conte) 8.0 試合を通してチームとしていいパフォーマンスを披露。交代で投入したウィリアンを起点に交代したバチュアイが逆転ゴールを決めると采配も的中!!週末のマンチェスター・シティ戦に向けていい流れもつくれた。

 

 

C'mon Blues!!!!

 

 

 

 かっこよかったな、3rd ユニフォーム

 

5つのキーワードで読む“移籍バブル”の必然

月刊footballista (フットボリスタ) 2017年 10月号 [雑誌]

月刊footballista (フットボリスタ) 2017年 10月号 [雑誌]

 

 

 

 

"1節 カラバフ戦 採点"はコチラ↓↓↓↓ 

fc8times.hatenablog.com

 

チェルシー プレミアリーグ 6節 ストーク戦 採点

チェルシー (A) 4 - 0 ストーク (H) プレミアリーグ 6節 9/23, 2017

 

 

 

モラタ爆発!! ハットトリックの第6節。

 

 

スタメン

クルトワ (Courtois) 7.0 後半、変な落ち方をして心配されたが、戻ってきてクリーンシート。

アスピリクエタ (Azpilicueta) 9.5 またもモラタへのホットライン開通で、モラタのハットトリックを2アシスト。1アシスト目のロングパスは素晴らしすぎる!!アロンソが交代でピッチを去った後は、LWBとしても躍動。モラタへの2アシスト目を決める。

クリステンセン (Christensen)  8.0 ルイスの出場停止でスタメンに。21歳とは思えぬ落ち着きぶりをみせ、ストーク攻撃陣を抑えクリーンシートに貢献。

リュディガー (Rüdiger) 8.0 適応力の早さでもう長い間ブルーズの3バックでプレーしてるように感じさせる。前に積極的に出て行く守備、前線へのロングフィードとどれも効果的。

モーゼス (Moses) 7.5 攻守にわたって、右サイドで躍動。身体をうまく使いボールを奪取。攻撃では高い位置取りでチャンスを演出。

カンテ (Kante) 8.5 ブルーズのダイナモは、今日もピッチのどこにでも現れた。デュエルも強いし、身体の使い方もうまい。ストークのボールを回収し、攻撃に繋げた。

バカヨコ (Bakayoko) 7.5 カンテとともに中盤を制圧。チーム3点目、モラタの2点目の起点となるカットも。

マルコス・アロンソ (Marcos Alonso) 6.0 後半で冷静さを失ったのか、短い時間で2枚のイエローカードをもらうとこだった。

ウィリアン (Willian) 6.5 するするとドリブルで上がって行く場面もあり、機動力を発揮し攻撃にアクセントを加えたが、球離れが悪く攻撃のリズムを壊すことも。

ペドロ (Pedro) 6.5 ストークのルーズなボールを見逃さず、右足一閃!!素晴らしいゴール!!

モラタ (Morata)  9.5 全て足でのハットトリック!!

アスピリクエタのロングパスを冷静に沈めた1点目。

 

長いドリブルで振り切っての身体をうまく開いての2点目。

 

押し込んだ3点目。

 

色々なスキルをみせてくれた。

 

交代

ケーヒル (Cahill) 6.0 アロンソとの交代でピッチに。クリーンシートに貢献。

セスク (Fabregas) 8.0 短い時間でも結果を残すセスクのパス。モラタの3点目の起点となったアスピリクエタへの浮き玉のパスは芸術的。

アザール (Hazard)  7.0 いいリズムをつくり出していた。もう少しで完全復調か??

 

監督

アントニオ・コンテ監督 (Antonio Conte) 8.0 ルイスの出場停止はあるが、3バックのローテンションの目処が立ってきたような感じ。アロンソの交代もこれ以上レッドカードをもらわない為にも適切な判断。

 

 

C'mon Blues!!!!

 

 

 

5つのキーワードで読む“移籍バブル”の必然

月刊footballista (フットボリスタ) 2017年 10月号 [雑誌]

月刊footballista (フットボリスタ) 2017年 10月号 [雑誌]

 

ナイキの新しいユニフォームを着てブルーズをサポート!!

 

 

"5節 アーセナル戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

"4節 レスター戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

"3節 エヴァートン戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

   

"2節 トッテナム戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

 "1節 バーンリー戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

 

チェルシー プレミアリーグ 5節 アーセナル戦 採点

チェルシー (H) 0 - 0 アーセナル (A) プレミアリーグ 5節 9/17, 2017

 

 

 

結果は残念だが、90分通してインテンシティが高く緊張感が途切れない、ゲームとしてはスコアレスドローでも面白い試合の第5節。

 

 

スタメン

クルトワ (Courtois) 7.0 ファインセーブでガナーズに得点を許さず、クリーンシート。

アスピリクエタ (Azpilicueta) 7.5 高い集中力を90分間保ち、インテンシティの高い試合でもミスター安定の本領発揮。モラタへのホットライン、今回はもう少しで繋がらず。。。。

ダヴィド・ルイス (David Luiz) 6.5 レッドカードを貰うまで、攻守に渡って素晴らしいパフォーマンスだっただけに残念。。。。

ケーヒル (Cahill) 6.5 出場停止からの復帰戦。集中力高く守っていたが、少し軽いプレーがみられる場面があり、不安を残す。。。。

モーゼス (Moses) 7.5 激しいデュエルを繰り返し、果敢な攻め上がりで右サイドから好機を演出。

カンテ (Kante) 7.5 疲れ知らずの豊富な運動量で、どこにでも現れボールを刈り取るだけでなく、ドリブル、ロングパスと攻撃面でも多大な貢献。

セスク (Fabregas) 7.5 セスクのパスはセスクにしか出せない。質の高いパスを供給し続けた。

マルコス・アロンソ (Marcos Alonso) 6.5 左サイドで激しいデュエルを繰り返し、素晴らしいカバーリングも披露。攻撃面では目立った活躍はみられなかった。

ウィリアン (Willian) 7.0 ガナーズ守備陣を掻き回し厄介な存在であり続けたが、得点は産まれず。。。。

ペドロ (Pedro) 6.5 この試合最大のチャンスを決められず、前半だけで交代。

モラタ (Morata)  6.5 自陣PA内のボールもヘディングでクリア。いいターンで前を向きゴールに迫る場面もあるも得点は産まれず。。。。

 

交代

バカヨコ (Bakayoko) 7.0 ペドロと交代で後半開始とともにピッチに。中盤でのデュエルを制す。スライドの大きなドリブルで攻め上がり、攻守共にコンテ監督の期待に応えた。

アザール (Hazard)  6.5 ドリブルで中に切り込んでシュートもチェフに防がれた。

クリステンセン (Christensen)  - 出場時間短く採点不可

 

監督

アントニオ・コンテ監督 (Antonio Conte) 6.5 ビッグロンドンダービー、チーム自体のインテンシティ、集中力は高く、パフォーマンス自体は悪くなかったが、結果が出なかった。。。。

 

 

C'mon Blues!!!!

 

 

 

5つのキーワードで読む“移籍バブル”の必然

月刊footballista (フットボリスタ) 2017年 10月号 [雑誌]

月刊footballista (フットボリスタ) 2017年 10月号 [雑誌]

 

ナイキの新しいユニフォームを着てブルーズをサポート!!

 

 

"4節 レスター戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

"3節 エヴァートン戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

   

"2節 トッテナム戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

 "1節 バーンリー戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com