fc8Times

welcome to wherever you are

チェルシー プレミアリーグ 2節 トッテナム戦 採点

チェルシー (A) 2 - 1 トッテナム (H) プレミアリーグ 2節 8/20, 2017

 

 

 

最高の立て直し!!!!

 

 

 

スタメン

クルトワ (Courtois) 6.5 いくつかのスーパーセーブが勝利を呼び込む。

アスピリクエタ (Azpilicueta) 8.0 ケーヒルが欠場でチームキャプテンに。ミスター安定が戻ってきた。開始早々のモラタへのクロスも素晴らしかった。

クリステンセン (Christensen) 7.0 3バックの真ん中でプレー。試合が進むにつれて落ち着きをみせる。コンテ監督の信頼も高まってきている??

リュディガー (Rüdiger) 7.0 積極的な守備、気の利いたカバーリング、いいディフェンスを披露することができた。

モーゼス (Moses) 7.0 出場停止明け。突破にフリースペースへのランと右サイドから攻撃に絡む。守備でも貢献。

カンテ (Kante) 7.0 あのカンテのプレーがみられら。多くのエリアをカバーし、疲れを知らず、多くの場面に顔を出す。攻撃への貢献も少なくない。

ダヴィド・ルイス (David Luiz) 7.5 中盤での起用に最高のパフォーマンスで応えた。2点目の起点となったボール奪取は見事。ガツンと気合も充分。

バカヨコ (Bakayoko) 6.5 プレミア・デビュー。なんかハマっていないとみられる時間帯もあったが。。。。徐々に改善。ドリブルでの侵入は迫力あるー。

マルコス・アロンソ (Marcos Alonso) 8.5 完璧なフリーキック。3ポイントを取り戻した素晴らしい2点目。ウェンブリーでブルーズに多くをもたらした。

ウィリアン (Willian) 7.5 今日も多くの仕掛け攻撃を牽引。ポストを叩くシュートも。

モラタ (Morata)  6.5 開始早々のシュートは決めておきたかった。。。。

 

 

交代

ペドロ (Pedro) 6.0 いつものランでピッチを走る回る。

バチュアイ (Batshuayi)  5.0 不運だが、一時同点になるオウンゴールを献上。

 

 

監督

アントニオ・コンテ監督 (Antonio Conte) 8.5 この"立て直し力"スゴい!!持ってる駒、前回のスパーズ戦を考慮しての3-5-2、ダヴィド・ルイスの中盤起用。次節もどういう風にくるか楽しみ!! 

 

 

C'mon Blues!!!!

 

 

 ナイキの新しいユニフォームを着てブルーズをサポート!!

 

 2017/18シーズンを監督に注目して展望

月刊footballista (フットボリスタ) 2017年 09月号 [雑誌]

月刊footballista (フットボリスタ) 2017年 09月号 [雑誌]

 

 

 "1節 バーンリー戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

チェルシー プレミアリーグ 1節 バーンリー戦 採点

チェルシー (H) 2 - 3 バーンリー (A) プレミアリーグ 1節 8/12, 2017

 

 

 

最悪の開幕。。。。

 

 

 

スタメン

クルトワ (Courtois) 5.0 どのゴールもクルトワができることは少なかった。もっとコーチングができたかもしれないが。。。

リュディガー (Rüdiger) 5.5 積極的な守備、高い位置を取っての攻撃への貢献もみられたが、苦いプレミアリーグ・デビュー戦となった。

ダヴィド・ルイス (D. Luiz) 5.0 ケーヒルがいなくなってからの守備陣を統率できず、失点を重ねる。。。。自身も試合を通して、冷静さを失う。。。。

ケーヒル (Cahill) 2.0 開幕戦、早い時間帯にレッドカードをもらい、この試合の分岐点に。審判のジャッジの問題もあるが、新キャプテンとして、もっとうまく対応したかった。。。。

アスピリクエタ (Azpilicueta) 6.0 モーゼスの代わりに右WBで出場。試合が前半で壊れたので仕方ないが、ミスター安定が安定したパフォーマスをみせられなかった。。。。冷静さも失っていた。。。。

セスク (Fabregas) 5.0 攻撃をつくろうとしていたが、うまく行かず。。。。セスクも冷静さを失いイライラ。。。。最後には激しいタックルで2枚目のイエローをもらい退場。。。。

カンテ (Kante) 6.5 カンテは冷静さを保っているようにみえた。攻撃にも多く絡んでなんとか巻き返そうとしていた。

マルコス・アロンソ (Marcos Alonso) 6.5 ミドル、ロングシュート、FKでのシュートで、バーンリーのゴールを脅かした。

ウィリアン (Willian) 7.0 獅子奮迅。何度も仕掛け攻撃を牽引。モラタへのアシストは見事。

ボガ (Boga)  -  出場時間短く採点不可 不運なデビュー戦となった。。。。

バチュアイ (Batshuayi)  5.0 ボールを収める、打開できる感が試合を通してみられなかった。。。。

 

交代

クリステンセン (Christensen) 6.0 ケーヒルの退場で急遽投入。モラタのオフサイドでゴールはならなかった。。。。

モラタ (Morata)  7.0 見事な動き出しで、プレミアリーグ初得点。ダヴィド・ルイスの得点もアシスト。モラタが入って来てから流れが少し変わった。次節、期待。

ムソンダ (Musonda)  - 出場時間短く採点不可

 

監督

アントニオ・コンテ監督 (Antonio Conte) 5.5 アザール、ペドロ、モーゼスも出れず、控えも心許ない状況は理解できるが、もっと打てる打開策はなかったのだろうか??次節、ケーヒル、セスク抜きでトッテナム戦。どう立て直して来るだろうか。

 

 

C'mon Blues!!!!

 

 

 ナイキの新しいユニフォームを着てブルーズをサポート!!

 

 2017/18シーズンを監督に注目して展望

月刊footballista (フットボリスタ) 2017年 09月号 [雑誌]

月刊footballista (フットボリスタ) 2017年 09月号 [雑誌]

 

 

FIFA 17でチェルシーの欲しかった選手たちを取ってみた

プレミアリーグ、開幕直前!!

 

当初、スロースターターで、コンテ監督 (Conte)もイライラしていたと言われるブルーズ (Blues)の移籍市場での動き。

 

GK: ウィリー・カバジェロ (Willy Caballero)

DF: アントニオ・リュディガー (Antonio Rüdiger)

MF: ティエムエ・バカヨコ (Tiémoué Bakayoko)

FW: アルバロ・モラタ (Álvaro Morata )

 

と獲得し、センターラインの各ポジションに新戦力を加えた。

 

けど、まだまだ足りないよね。。。。

 

新キャプテンのケーヒル (Cahill)も少数だということを認めてるし。

*17人もブルーズを去っちゃってたんだ。。。。

www.soccer-king.jp

 

 

マティッチ (Matic)、売っちゃったし。。。。

www.nikkansports.com

 

 だから、FIFA 17 で、ブルーズが欲しいと言ってると噂されている(いた)選手たちを取ってみた。

 

f:id:frankc8:20170811112326j:plain

 

ロメル・ルカク (Romelu Lukaku)

*なんでマンUに行っちゃったんだ。。。。

 

レオナルド・ボヌッチ (Leonardo Bonucci)

*あー、来て欲しかった。。。。

 

アレックス・サンドロ (Alex Sandro)

*粘り強く交渉して、来て欲しいなー。

 

ジャンルイジ・ドンナルンマ (Gianluigi Donnarumma)

*数年後に是非。

 

アントニオ・カンドレーヴァ (Antonio Candreva)

*コンテの下でのプレーまたみてみたい。

 

ダニーロ(Danilo)

*あー、マンCかぁ。。。。

 

これだけの陣容になれば、プレミアリーグ連覇、チャンピオンズリーグ制覇の可能性も高くなるのになぁー。。。。

 

 

 

 

日本代表 イラク戦 採点

日本 1 - 1 イラク 2018年ロシアW杯アジア最終予選 6/13, 2017

 

 

 

スタメン

川島永嗣 5.5 ボールをキャッチしにいったところ弾き、失点。吉田に声を掛け、指示し、クリアできたはず。

酒井宏樹 5.5 序盤、本田との連携で右サイドからチャンスをつくる。後半の負傷交代は残念。心配。

吉田麻也 5.5 判断の誤りから簡単にボールを外に出すことを選択せず、失点を招く。その他の場面は、概ね冷静な対応のディフェンスをできていただけに残念。

昌子源 6.5 シリア戦から短期間で持ち直し、自身の強みである対人の強さを中心にシリア戦での不安定さを払拭。

長友佑都 5.5 イラクにクロスで狙われ、競り負ける場面をつくられる。

井手口陽介 6.5 初先発も落ちつきながら、シリア戦同様、積極的で力強いディフェンスを披露。脳震とうの恐れで交代。残念。心配。

遠藤航 5.5 ときおり、ドリブルで持ち上がったり、前線への縦パスを通し、攻撃面で起点となろうというのは感じられたが、目立った活躍はみられなかった。

原口元気 7.0 いつもの左サイドではなく、トップ下でプレー。劣悪な環境の中、豊富な運動量をみせ、プレスバックでチェックし守備に貢献しつつ、得意のドリブルで攻め上がりチャンスをつくった。

本田圭佑 6.0 先制点を完璧なCKからアシスト。サイドを変える素晴しいロングパスもみられた。しかし、周囲との連携がうまくいかない場面もみられた。

久保裕也 5.5 UAE戦、タイ戦でみられたスゴみはみられず、チャンスに絡む回数も少なかった。。。。

大迫勇也 7.0 見事な先制点。この試合でも安定したポストプレーを披露。

 

交代

今野泰幸 5.5 井手口の負傷で、ピッチに。ボランチの位置でバランスを取りながらプレー。

倉田秋    5.5 2点目を狙って、起点になろうとしていたが結果には結びつかず。。。。

酒井高徳 5.5 負傷の酒井宏樹に替わって、ピッチに。

  

監督

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督 6.0 ケガ人続出の中、新たな組み合わせでイラク戦に臨む。試合中もケガ人続出で、プランが変更を余儀なくされた中、交代で流れを持ってくることはできなかった。。。。 

 

 

ハリル & ザック W杯最終予選の比較も確認 Number 928号

Number(ナンバー)928号[雑誌]

Number(ナンバー)928号[雑誌]

 

  

酒井高徳のボランチ起用、浅野拓磨のインサイドMF起用、長谷部誠のリベロ起用の興味深い解説が読めるフットボリスタ2017年4月号

月刊footballista (フットボリスタ) 2017年 04月号 [雑誌]

月刊footballista (フットボリスタ) 2017年 04月号 [雑誌]

 

 

 

日本代表 イラク戦 スタメン予想

大詰めを迎えたW杯アジア最終予選

 

次は、アウェーのイラク戦。

*アウェーといっても中立地のテヘランで行われるが。。。。

 

この重要な試合をどんなスタメンで臨むんだろうか??

 

 

香川は、6/7のシリア戦の負傷により離脱。。。。

*追加招集はないみたいだ。

 

追加招集の宇佐見も遠征に帯同しないことが決定。

 

よって、5/25に発表されたメンバー25名から24名が遠征に帯同することになるんだろう。

 

まず、そのメンバー。

続きを読む

日本代表 シリア戦 採点

日本 1 - 1 シリア キリンチャレンジカップ2017 6/7, 2017

 

 

 

スタメン

川島永嗣 5.5 後半序盤のミドルをセーブ。失点はノーチャンスだが防ぎたかった。。。。

酒井宏樹 5.5 機を見てオーバラップからの突破、クロスがみられた。吉田との連携で挟んでボールを奪う場面も。

吉田麻也 6.0 空中戦での強さ、積極的な守備をみせる。時折、縦のロングパスを前線に入れたり、攻め上がりをみせ、攻撃の組み立てに参加。

昌子源 5.0 対人の強さはみられたが、連携とかポジショニングとか不安定な部分もみられた。

長友佑都 6.0 バランスをみながらプレー。いい抜け出しからクロスを上げ、同点弾のアシストに。

山口蛍    6.0 いいチェックを見せる場面もあったが、いつものダイナミズムがなかった。

今野泰幸 6.5 負傷明けということで万全ではなかったのか、前回のような動きはみられなかったが、同点弾を決める。

香川真司  - 出場時間短く採点不可

久保裕也 5.0 消えている時間が多かった。コントロールミスもみられた。

原口元気 6.0 PA外からのミドルを何回か放つもゴールを決められなかった。

大迫勇也 6.5 安定したポストプレー、見事。身体のぶつけ方うまい。

 

交代

倉田秋    5.5 香川の負傷による急遽の出場。いいパスを通す場面がみられた。

本田圭佑 6.5 インサイドハーフに入った後は、ゲームのリズムをつくる。うまくスペースをつくりだして、シュートした場面は決めたかった。

井手口陽介 6.5 積極的で力強いディフェンスでボールを奪取。持ち味を出せた素晴しいA代表デビュー。

乾貴士 6.5 美しいトラップ、キレキレのドリブル。攻撃を活性化したが、ゴールを決めることはできなかった。

浅野拓磨 5.5 あまり目立った活躍はなかったが、右サイドから崩そうという姿勢はみられた。

岡崎慎司 - 出場時間短く採点不可

 

監督

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督 5.5 CBコンビの連携は未完成か。後半に入り次々とカードを切り、流れをもってきたが、勝利には至らなかった。。。。本田のインサイドハーフ、井手口、乾とこの交代によって得られたものもあるので、イラク戦までにコンディション等踏まえて、万全の準備をして欲しい。

 

 

ハリル & ザック W杯最終予選の比較も確認 Number 928号

Number(ナンバー)928号[雑誌]

Number(ナンバー)928号[雑誌]

 

 

酒井高徳のボランチ起用、浅野拓磨のインサイドMF起用、長谷部誠のリベロ起用の興味深い解説が読めるフットボリスタ2017年4月号

月刊footballista (フットボリスタ) 2017年 04月号 [雑誌]

月刊footballista (フットボリスタ) 2017年 04月号 [雑誌]

 

 

 

チェルシー プレミアリーグ 38節 サンダーランド戦(最終節) 採点

チェルシー (H) 5 - 1 サンダーランド (A) プレミアリーグ 38節 (最終節) 5/21, 2017

 

 

30勝を目指した最終節。

そして、なんといっても、ジョン・テリー (John Terry)チェルシー (Chelsea)の選手としての最後の試合。

クリーンシートとはならなかったものの、5得点をあげ、テリーの最後にふさわしい試合となった。

 

 

チェルシーの選手として最後の試合に臨むジョン・テリーもスタメンに名を連ねた。

キャプテン、リーダー、レジェンド (Captain, Leader, Legend)

 

いきなり、サンダーランド (Sunderland)に先制されてしまう。。。。

続きを読む