読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fc8Times

welcome to wherever you are

チェルシー プレミアリーグ 38節 ワトフォード戦(延期分) 採点

チェルシー (H) 4 - 3 ワトフォード (A) プレミアリーグ 28節 (延期分) 5/15, 2017

 

 

 プレミアリーグ王者になってのスタンフォード・ブリッジ (Stamford Bridge)へ凱旋となったワトフォード戦 (vs Watford)は、両チーム合わせて7得点が入る乱打戦となる。

その乱打戦をブルーズ (Blues)が制し、勝点を90に!!

 

 

前節からアザール (Hazard)アスピリクエタ (Azpilicueta)を除く9人を変えてきたスタメン。そこには、キャプテンマークを巻く ジョン・テリー (John Terry)も。

 

乱打戦は、ジョン・テリーのゴールから始まる。

 

前半21分、CKのこぼれ球を倒れ込みながらのシュート。

これがポストに当たって、ゴール!!

 

さすが、JT、こういうときに決めてくる!!

続きを読む

チェルシー プレミアリーグ 37節 ウエスト・ブロムウィッチ戦 採点

チェルシー (A) 1 - 0 ウエスト・ブロムウィッチ (H) プレミアリーグ 37節 5/12, 2017

 

 

優勝したー!!!!

ブルーズ (Blues)プレミアリーグ王者!!!!

  

 

前節ミドルズブラ戦 (vs Middlesbrough) と変わらずのスタメンで、プレミアリーグ優勝のかかるエスト・ブロムウィッチ戦 (vs West Bromwich) にのぞむ。

 

いきなり、ロンドン (Rondon) にヘディングでゴールを脅かされるが、クルトワ (Courtois) がセーブ。

 

いきなりのピンチを防ぐと、前線のディエゴ・コスタ (Diego Costa)アザール (Hazard)ペドロ (Pedro) が何本かシュートを放ち、ブルーズ (Blues) が主導権を握っていく。

 

主導権を握って、あらゆる方法で攻めて行く。

 

しかし、堅いエストブロムの守備を崩せない。。。。 

 

ときおり、カウンターをくらい危険な場面もみられたが、守備陣だけでなく、アザールも自陣深く戻りこれを回避する。

 

前半、流れは終始ブルーズだったが、スコアレスで後半に。

 

後半も流れも主導権も引き続き、ブルーズ。 

 

モーゼス (Moses)の股抜きシュートで始まり、コスタセスク (Fabergas) と次々とシュートを浴びせるが、相手GK フォスター (Foster) の好セーブ、少し枠の外に外れたりと、なかなか先制点が決まらない。。。。

 

後半もウエストブロムの守備は堅い。。。。

 

70分、ルイスロンドンに上手く入れ替わられて、大ピンチをむかえるもアスピリクエタ (Azpilicueta)の素晴らしいカバーリングで事なきを得る。

 

75分に、コンテ (Conte)は、ウィリアン (Willian)バチュアイ (Batshuayi) を入れてくる。

 

82分にバチュアイがやってのける!!

 

ケーヒル (Cahill) のシュートミスが、アスピリクエタに渡りクロスを送ると、バチュアイが押し込んで先制点!!!!

 

で、これが決勝点となり、2016/2017シーズンのプレミア王者に!! 

 

 

嬉しすぎる!!!!

 

   

スタメン

クルトワ (Courtois) 6.5 この試合も忙しくはなかった。開始直後のロンドンのヘディングもセーブ。

アスピリクエタ (Azpilicueta) 8.0 ポゼッションの高い中、かなり多くの時間を高いポジショニングを取り、攻撃に貢献。バチュアイの得点のアシストも記録。また、ルイスが入れ替わられて、抜かれたときのカバーリングも見事。

ダヴィド・ルイス (D. Luiz) 7.0 ときおりあるウエストブロムのカウンターを阻止。ロンドンとバトルを繰り広げた。一度、上手く入れ替わられてピンチを招くが、クリーンシートに貢献。

ケーヒル (Cahill) 7.5 かなり高い位置取りすることが多く、FKから流れてきたボールをシュートする等、攻撃面で貢献。得点になった場面もケーヒルのシュートミスが起点に。

モーゼス (Moses) 8.0 多くの決定的なシュートを放つ。突っ掛けて相手PA内に侵入も効果的だった。

セスク (Fabregas) 8.0 この試合でも中盤からブルーズの攻撃を司っていた。惜しいシュートもいくつか放っていた。

マティッチ (Matic) 7.5 中盤でシンプルに仕事をこなし、セスクのサポートを。

マルコス・アロンソ (Marcos Alonso) 6.5 前節みたいな目立った活躍はなかったが、アロンソがヘッドに競り勝ったことが、得点に繋がった。

ペドロ (Pedro) 7.5 この試合もエネルギッシュに動き回り、単独、連携で、堅い守備をこじ開けようとした。得点はなかったが貢献大。

アザール (Hazard)  7.5  得点、攻撃面でも貢献はいうまでもなく、この試合では相手カウンターに対する守備での貢献も大きかった。

ディエゴ・コスタ (Diego Costa)  6.5 今日は、コスタの日でなかった。シュートを放つが決まらなかったり、ボールが足につかなかったり。しかし、前線の空中戦で競り勝つ場面も多く、相手守備陣にプレッシャーを与え続けた。

 

交代

ウィリアン (Willian) 6.0 途中からの投入でしっかりプレーをし、ブルーズにエネルギーを注ぎ込んだ。

バチュアイ (Batshuayi)  7.0 優勝を決めるゴールを決め、期待に応える。

ズマ (Zouma)  - 出場時間短く採点不可

 

監督

アントニオ・コンテ監督 (Antonio Conte) 8.0 素晴らしい!!交代策が見事にハマった。ここでバチュアイを使ってくる勇気、観察力、スゴい。プレッシャーのかかる試合で、引き分けでもおかしくない流れで勝ちきった。このメンタルを植え付けたマネージメント力素晴らしい!!

 

 

リーグ戦あと、2試合!!

 

FA杯決勝に気持ちよく進めるように残り2試合も勝利!!

 

ワトフォード戦 (vs Watford)

 

C'mon Blues!!!!

 

 

プレミア王者のユニフォームを着よう!!

 

攻撃的な3-4-3を学んでみる??

3-4-3 ?究極の攻撃サッカーを目指して?

3-4-3 ?究極の攻撃サッカーを目指して?

 

 

 

"36節 ミドルズブラ戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

"35節 エヴァートン戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

"34節 サウサンプトン戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

"33節 マンチェスター・ユナイテッド戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

"32節 ボーンマス戦 採点"はコチラ↓↓↓↓  

fc8times.hatenablog.com

 

"31節 マンチェスター・シティ戦 採点"はコチラ↓↓↓↓  

fc8times.hatenablog.com

 

"30節 クリスタル・パレス戦 採点"はコチラ↓↓↓↓  

fc8times.hatenablog.com

 

"29節 ストーク・シティ戦 採点"はコチラ↓↓↓↓  

fc8times.hatenablog.com

 

"27節 ウェストハム戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

"26節 スウォンジー・シティ戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

"25節 バーンレイ戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

"24節 アーセナル戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

"23節 リバプール戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

"22節 ハルシティ戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

"21節 レスター戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

"20節 トッテナム戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

  

"19節 ストーク戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

"18節 ボーンマス戦 採点"はコチラ↓↓↓↓ 

fc8times.hatenablog.com

チェルシー プレミアリーグ 36節 ミドルズブラ戦 採点

チェルシー (H) 3 - 0 ミドルズブラ (A) プレミアリーグ 36節 5/9, 2017

 

 

 

勝った、勝った、勝った!!!!

確実にミドルズブラ (Middlesbrough)を降し、勝点3を積み重ね、あと1勝に!!!!

 

 

カンテ (Kante)が負傷したのもあり、中盤はセスク (Fabregas)マティッチ (Matic) のコンビがスタメンに。

 

そのセスクが魅せる。

 

セスクのピンポイントパスをマルコス・アロンソ (Marcos Alonso)が見事なボレーを放つが、ボロ (Boro)のGK グザン (Guzan)に阻まれる。。。。

 

その後もセスクから左サイドの深いところに走り込んだアロンソへ対角線のロングパスが通り、チャンスを演出。

 

その他にもディエゴ・コスタ (Diego Costa)にもロングパスを通し、得点の可能性を拡げる。

 

セスクは、パスだけでなくシュートでも魅せる。

続きを読む

チェルシー プレミアリーグ 35節 エヴァートン戦 採点

チェルシー (A) 3 - 0 エヴァートン (H) プレミアリーグ 35節 4/30, 2017

 

 

難敵エヴァートン (Everton) を降し、勝点3をしっかり積み重ねた!!

 

 

ペドロ (Pedro)が、3トップの一角でスタメンに戻ってきた。

 

セスク (Fabregas)は、ベンチスタート。

 

開始早々に、エヴァートンがチャンスをつかむ。

 

クラヴァート=ルイン (Calvert-Lewin) のシュートがポストにあたり、ルカク (Lukaku)が詰めてきたところを、ケーヒル (Cahill)が身を挺してのブロック。

 

決められていれば、流れをもっていかれかねない、重要なブロック。

 

しかし、エヴァートンは、このプレーで自信をもって攻めて来る。。。。

続きを読む

チェルシー プレミアリーグ 34節 サウサンプトン戦 採点

チェルシー (H) 4 - 2 サウサンプトン (A) プレミアリーグ 34節 4/25, 2017

 

 

FA杯準決勝でスパーズ (Spurs)に勝った勢いそのままに、セインツ (Saints) にも勝利!!

 

 

セスク (Fabregas)が先発して、いつものペドロ (Pedro) の位置に。

 

けど、セスクペドロよりはサイドに張らずなポジショニング。

 

そのセスクからディエゴ・コスタ (Diego Costa) にスルーパスが通り、コスタセインツのPA内深い位置で溜めて、マイナスのパスアザール (Hazard) に通し、見事に先制的を決める!!

 

開始5分!!

 

しかし、24分、ロメウ (Romeu) に同点弾を決められてしまう。。。。

続きを読む

チェルシー プレミアリーグ 33節 マンチェスター・ユナイテッド戦 採点

チェルシー (A) 0 - 2 マンチェスター・ユナイテッド (H) プレミアリーグ 33節 4/16, 2017

 

 

負けた。。。。

負けた。。。。

これでスパーズ (Spurs)との勝点差 4に。。。。。

 

 

オールド・トラフォードマンチェスター・ユナイテッド戦 (vs Manchester United)クルトワ (Courtois) が負傷の為、それに加えて、直前のウォーミングアップ中の負傷に依って、マルコス・アロンソ (Marcos Alonso) まで出れなくなった。。。。

 

幸先が悪い。。。。

 

アスピリクエタ (Azpilicueta) が左WBに、いつものアスピリクエタの位置にズマ (Zouma) が入る。

 

重宝するこのユーティリティ。

 

開始7分、いきなり不運なカタチで、先制点を奪われてしまう。。。。

 

マティッチ (Matic) が持ち上がって、前線にパスを入れたところをエレーラ (Herrera) がハンドでそのパスを止める。

 

けど、なぜか笛は鳴らず、そのまま持ち上がったエレーラが絶妙なパスを前線のラッシュフォード (Rashford) に通し、先制点が決まる。

 

あれ、ハンドだけどな。。。。

 

その後は、オールドトラフォードで先制点を許したのとマンチェスター・ユナイテッドをリスペクトし過ぎで、いつもの落ち着きがなく、焦りの方がみえた。

 

そして、後半開始直後に追加点を決められてしまう。

 

カンテ (Kante) のクリアミスをエレーラに決められてしまう。

 

早い段階で、交代のカードを切ってきたが、やはり、いつもの落ち着きより、焦りの方がみえ、有効な攻撃は少なく、そのまま試合終了の笛を聞くことに。。。。

 

  

スタメン

ベゴヴィッチ (Begovic) 6.0 前後半、早い時間帯での失点になってしまった。2点目は、視界も遮られ、ズマに当たってコースも変わって、仕方ないか。。。。

ズマ (Zouma) 6.0 スピードを活かし、守備に奮闘も、エレーラのシュートが当たって、コースを変え、追加点を献上。。。。

ダヴィド・ルイス (D. Luiz) 5.5 ラッシュフォードにやられた。。。。先制点の対応は、もう少しなんとかできたかも。。。。

ケーヒル (Cahill) 5.5 もう少しなんとかできたかも。。。。

モーゼス (Moses) 6.0 粘り強い守備をみせる場面も途中から左サイドにポジションを移したが、全体的に目立った活躍はできず。。。。

カンテ (Kante) 5.5 いいカット、潰しがみられる場面もあったが、らしくない場面も。2点目に繋がるクリアミスは頂けない。。。。

マティッチ (Matic) 6.5 前半から攻撃に守備にまずまずのパフォーマンス。エレーラのハンドが取られていたら、パスがアザールに通っていたら、違った展開になったかもしれない。。。。

アスピリクエタ (Azpilicueta) 6.0 ユーティリティ、安定感でチームに貢献も後半には焦りからからしくないパスミスも。。。。

ペドロ (Pedro) 6.0 難しい状況から積極的にシュートを放ったり、カットから攻撃へ繋げたりするも、得点という結果には結びつかず。。。。。

アザール (Hazard)  5.5  完全にエレーラにやられた。。。。

ディエゴ・コスタ (Diego Costa)  5.5 ロホとやりあっていた。よく退場にならなかった。。。。でも、結果もなかった。。。。

 

交代

セスク (Fabregas)  5.5 正確なロングパスを前線に供給し、流れを変えようとしたが、結果に繋がらず。。。。 

ウィリアン (Willian) 5.5 流れを変えることができず。。。。

ロフタス=チーク (Loftus-Cheek) - 出場時間短く採点不可

 

監督

アントニオ・コンテ監督 (Antonio Conte) 5.5 直前の負傷、ハンドが取られない判定など、不運もあったが、ハーフタイム、交代でも流れを帰られず、内容的にも悪い敗戦に。。。。

 

 

 

ふんばりどころ、ブルーズ (Blues)!!

 

 

ブルーズのユニフォームを着て、優勝に向けて応援!!

 

攻撃的な3-4-3を学んでみる??

3-4-3 ?究極の攻撃サッカーを目指して?

3-4-3 ?究極の攻撃サッカーを目指して?

 

 

"32節 ボーンマス戦 採点"はコチラ↓↓↓↓  

fc8times.hatenablog.com

 

"31節 マンチェスター・シティ戦 採点"はコチラ↓↓↓↓  

fc8times.hatenablog.com

 

"30節 クリスタル・パレス戦 採点"はコチラ↓↓↓↓  

fc8times.hatenablog.com

 

"29節 ストーク・シティ戦 採点"はコチラ↓↓↓↓  

fc8times.hatenablog.com

 

"27節 ウェストハム戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

"26節 スウォンジー・シティ戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

"25節 バーンレイ戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

"24節 アーセナル戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

"23節 リバプール戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

"22節 ハルシティ戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

"21節 レスター戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

"20節 トッテナム戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

  

"19節 ストーク戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

"18節 ボーンマス戦 採点"はコチラ↓↓↓↓ 

fc8times.hatenablog.com

チェルシー プレミアリーグ 32節 ボーンマス戦 採点

チェルシー (A) 3 - 1 ボーンマス (H) プレミアリーグ 32節 4/8, 2017

 

 

モーゼス (Moses) が帰って来た!!

マンチェスター・シティ (Manchester City) を降した勢い持続しつつ、ボーンマス (Bournemouth) も撃破でスパーズ (Spurs) との勝点差 7をキープ!!

 

もう一回!!

 

モーゼス (Moses) が帰って来た!!

 

スタメンは、中盤の底がカンテ (Kante)マティッチ (Matic) のコンビで、その他はおなじみな感じ。

 

まず、バタバタしてしまった。

 

ボーンマスのクロスをダヴィド・ルイス (David Luiz) がクリアも自陣ゴールに飛んでしまう。。。。

 

ここは、クルトワ (Courtois) の素晴らしい反射神経に助けられる。

 

徐々に落ち着きを取り戻し、ペースをつかんでいった。

 

再三後方から出ていたロングパスをモーゼスが受け、中に折り返す。

 

コスタ (Costa) が、当たり損ねのシュートを蹴ると、スミス (Smith) に当たって、公式にはオウンゴール

 

すると3分後の20分に、中盤の底のカンテから前線のアザールに見事なロングパス。

続きを読む