読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fc8Times

welcome to wherever you are

チェルシー プレミアリーグ 33節 マンチェスター・ユナイテッド戦 採点

チェルシー (A) 0 - 2 マンチェスター・ユナイテッド (H) プレミアリーグ 33節 4/16, 2017

 

 

負けた。。。。

負けた。。。。

これでスパーズ (Spurs)との勝点差 4に。。。。。

 

 

オールド・トラフォードマンチェスター・ユナイテッド戦 (vs Manchester United)クルトワ (Courtois) が負傷の為、それに加えて、直前のウォーミングアップ中の負傷に依って、マルコス・アロンソ (Marcos Alonso) まで出れなくなった。。。。

 

幸先が悪い。。。。

 

アスピリクエタ (Azpilicueta) が左WBに、いつものアスピリクエタの位置にズマ (Zouma) が入る。

 

重宝するこのユーティリティ。

 

開始7分、いきなり不運なカタチで、先制点を奪われてしまう。。。。

 

マティッチ (Matic) が持ち上がって、前線にパスを入れたところをエレーラ (Herrera) がハンドでそのパスを止める。

 

けど、なぜか笛は鳴らず、そのまま持ち上がったエレーラが絶妙なパスを前線のラッシュフォード (Rashford) に通し、先制点が決まる。

 

あれ、ハンドだけどな。。。。

 

その後は、オールドトラフォードで先制点を許したのとマンチェスター・ユナイテッドをリスペクトし過ぎで、いつもの落ち着きがなく、焦りの方がみえた。

 

そして、後半開始直後に追加点を決められてしまう。

 

カンテ (Kante) のクリアミスをエレーラに決められてしまう。

 

早い段階で、交代のカードを切ってきたが、やはり、いつもの落ち着きより、焦りの方がみえ、有効な攻撃は少なく、そのまま試合終了の笛を聞くことに。。。。

 

  

スタメン

ベゴヴィッチ (Begovic) 6.0 前後半、早い時間帯での失点になってしまった。2点目は、視界も遮られ、ズマに当たってコースも変わって、仕方ないか。。。。

ズマ (Zouma) 6.0 スピードを活かし、守備に奮闘も、エレーラのシュートが当たって、コースを変え、追加点を献上。。。。

ダヴィド・ルイス (D. Luiz) 5.5 ラッシュフォードにやられた。。。。先制点の対応は、もう少しなんとかできたかも。。。。

ケーヒル (Cahill) 5.5 もう少しなんとかできたかも。。。。

モーゼス (Moses) 6.0 粘り強い守備をみせる場面も途中から左サイドにポジションを移したが、全体的に目立った活躍はできず。。。。

カンテ (Kante) 5.5 いいカット、潰しがみられる場面もあったが、らしくない場面も。2点目に繋がるクリアミスは頂けない。。。。

マティッチ (Matic) 6.5 前半から攻撃に守備にまずまずのパフォーマンス。エレーラのハンドが取られていたら、パスがアザールに通っていたら、違った展開になったかもしれない。。。。

アスピリクエタ (Azpilicueta) 6.0 ユーティリティ、安定感でチームに貢献も後半には焦りからからしくないパスミスも。。。。

ペドロ (Pedro) 6.0 難しい状況から積極的にシュートを放ったり、カットから攻撃へ繋げたりするも、得点という結果には結びつかず。。。。。

アザール (Hazard)  5.5  完全にエレーラにやられた。。。。

ディエゴ・コスタ (Diego Costa)  5.5 ロホとやりあっていた。よく退場にならなかった。。。。でも、結果もなかった。。。。

 

交代

セスク (Fabregas)  5.5 正確なロングパスを前線に供給し、流れを変えようとしたが、結果に繋がらず。。。。 

ウィリアン (Willian) 5.5 流れを変えることができず。。。。

ロフタス=チーク (Loftus-Cheek) - 出場時間短く採点不可

 

監督

アントニオ・コンテ監督 (Antonio Conte) 5.5 直前の負傷、ハンドが取られない判定など、不運もあったが、ハーフタイム、交代でも流れを帰られず、内容的にも悪い敗戦に。。。。

 

 

 

ふんばりどころ、ブルーズ (Blues)!!

 

 

ブルーズのユニフォームを着て、優勝に向けて応援!!

 

攻撃的な3-4-3を学んでみる??

3-4-3 ?究極の攻撃サッカーを目指して?

3-4-3 ?究極の攻撃サッカーを目指して?

 

 

"32節 ボーンマス戦 採点"はコチラ↓↓↓↓  

fc8times.hatenablog.com

 

"31節 マンチェスター・シティ戦 採点"はコチラ↓↓↓↓  

fc8times.hatenablog.com

 

"30節 クリスタル・パレス戦 採点"はコチラ↓↓↓↓  

fc8times.hatenablog.com

 

"29節 ストーク・シティ戦 採点"はコチラ↓↓↓↓  

fc8times.hatenablog.com

 

"27節 ウェストハム戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

"26節 スウォンジー・シティ戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

"25節 バーンレイ戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

"24節 アーセナル戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

"23節 リバプール戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

"22節 ハルシティ戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

"21節 レスター戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

"20節 トッテナム戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

  

"19節 ストーク戦 採点"はコチラ↓↓↓↓

fc8times.hatenablog.com

 

"18節 ボーンマス戦 採点"はコチラ↓↓↓↓ 

fc8times.hatenablog.com

チェルシー プレミアリーグ 32節 ボーンマス戦 採点

チェルシー (A) 3 - 1 ボーンマス (H) プレミアリーグ 32節 4/8, 2017

 

 

モーゼス (Moses) が帰って来た!!

マンチェスター・シティ (Manchester City) を降した勢い持続しつつ、ボーンマス (Bournemouth) も撃破でスパーズ (Spurs) との勝点差 7をキープ!!

 

もう一回!!

 

モーゼス (Moses) が帰って来た!!

 

スタメンは、中盤の底がカンテ (Kante)マティッチ (Matic) のコンビで、その他はおなじみな感じ。

 

まず、バタバタしてしまった。

 

ボーンマスのクロスをダヴィド・ルイス (David Luiz) がクリアも自陣ゴールに飛んでしまう。。。。

 

ここは、クルトワ (Courtois) の素晴らしい反射神経に助けられる。

 

徐々に落ち着きを取り戻し、ペースをつかんでいった。

 

再三後方から出ていたロングパスをモーゼスが受け、中に折り返す。

 

コスタ (Costa) が、当たり損ねのシュートを蹴ると、スミス (Smith) に当たって、公式にはオウンゴール

 

すると3分後の20分に、中盤の底のカンテから前線のアザールに見事なロングパス。

続きを読む

チェルシー プレミアリーグ 31節 マンチェスター・シティ戦 採点

チェルシー (H) 2 - 1 マンチェスター・シティ (A) プレミアリーグ 31節 4/5, 2017

 

  

前節の悪夢の敗戦から見事に立ち直り、強豪マンチェスター・シティ (Manchester City) を降した。

 

 

モーゼス (Moses) の復帰は今節も間に合わず、この試合では、アスピリクエタ (Azpilicueta) が右WBに。

そして、いつものアスピリクエタの位置には、ズマ (Zouma) が。

 

激しいリズムの握り合いで始まった試合。

 

そんな入り方だった試合も早速10分に動く。

 

アスピリクエタのマイナスの折り返しをアザール (Hazard) がゴール!!

前節に続き早々と先制!!

 

前半の半分が過ぎたころ、悪夢のような場面が訪れる。

 

この試合がチェルシーでの出場100試合目となったあの クルトワ (Courtois) がミスキックをして、ダヴィド・シルバ (David Silva) へパスするかたちになり、そのままシュートに持ち込まれてしまう。そのシュートは防いだものの、こぼれ球をアグエロ (Aguero) に押し込まれて同点とされてしまう。。。。

 

勢いにのったマンチェスター・シティが攻勢に出て、逆転されそうになる場面もあったが必死に守る。

 

そんな中、ペドロ (Pedro) が、流れを引き戻した。

 

ペナルティー・エリアに侵入したペドロは、華麗な動きでフェルナンジーニョ (Fernandinho) を翻弄し、PKを獲得する。

 

そのPKをアザールが蹴り、一旦はカバジェロ (Caballero) に防がれたが、こぼれ球に反応し、冷静にゴールに蹴り込んで2点目を決める!!

 

その後、シティの激しい反撃を受けるが、このままのスコアで前半終了。

続きを読む

チェルシー プレミアリーグ 30節 クリスタル・パレス戦 採点

チェルシー (H) 1 - 2 クリスタル・パレス (A) プレミアリーグ 30節 4/1, 2017

  

 

今シーズン4敗目。。。。

負けるときはこうして負けるんだみたいな試合だった。。。。

 

 

モーゼス (Moses) が負傷欠場の為、その位置にペドロ (Pedro)が。

そして、いつものペドロの位置にセスク (Fabregas)が。

アザール (Hazard) は、戻ってきていつもの位置に。

 

開始5分で、そのセスクとアザールで先制点を奪う。

 

セスクから左サイドのアザールにキレイにロングパスが通り、アザールが、クリスタル・パレス (Crystal Palace)ペナルティーエリアに侵入して、中に折り返す、そこにロングパスを通したセスクが走り込んできて合わせてゴール!!

 

しかし、そのリードは直ぐにひっくりかえされてしまう。。。。

 

9分にはザハ (Zaha)、11分にはベンテケ (Benteke) に決められ、一気に逆転を許す。。。。

 

その後、圧倒的に攻めるも同点弾は決まらないまま、前半終了。。。。

 

後半も攻め続けるもクリスタル・パレスの必死の守りもあって、なかなかゴールが決まらない。。。。

 

いやな雰囲気が流れ出す。

続きを読む

日本代表 タイ戦 採点

日本 4 - 0 タイ 2018年ロシアW杯アジア最終予選 3/28, 2017

 

 

 

スタメン

川島永嗣 8.0 川島のビッグセーブがなければ、少なくとも2失点はしていた。PKも完全に読み完璧に止めた。得失点差を考えても大きなセーブ。

酒井宏樹 5.5 UAE戦と比べると守備への比重が高くなっていて、攻撃の場面でも有効な参加は数少なかった。

吉田麻也 6.5 序盤から前線への効果的なロングパスを供給し、攻撃に起点に。自らも4点目を決める。しかし、集中が切れるところ、ピンチを招くところが何回かみられた。

森重真人 5.0 吉田と同様、前線への効果的なロングパスを供給。香川の先制点も森重から久保へのロングパスが起点に。しかし、パスが引っかかる場面も多く、リズムを乱す原因になったり、ピンチを招く。

長友佑都 5.5 攻撃面ではあまり効果的に絡めず、後半にはPKも献上。

山口蛍    5.5 序盤に狙い澄ましたシュートを放つも相手キーパーに弾かれる。守備ではなんとか奮闘するも攻撃での貢献はあまりみられず。。。。

酒井高徳 5.5 代表では初めてのボランチでの起用。守備ではSBの走力を活かし相手のカウンターを遅らせる場面が何度もみられた。

香川真司 7.0 落ち着き払った先制点は見事!!守備でも低い位置まで戻りボールを奪い取る場面も。

久保裕也 9.0 香川へのアシスト、岡崎への素晴しいクロスでアシスト、そして、自らのスーパーなシュートでにゴール。時間帯も最高!!ほんとにこの2試合ともスーパーな働き!!

原口元気 6.5 豊富な運動量で守備面での貢献。長友のカバーも。

岡崎慎司 7.5 代表50点目を、らしいヘディングで決める。前線で身体を張ってボールを収める。身体一回り大きくなった??

 

交代

本田圭佑 6.0 実戦の感覚を確認しながら試合に入ろうとしているようにみえた。

清武弘嗣 6.5 清武が入るとリズムをつくれる。セットプレーのキックの精度も相変わらず高い。

宇佐見貴史 - 出場時間短く採点不可

 

監督

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督 7.0 勝点3獲得、大量得点、無失点と結果としては申し分ない。故障者続出の中、うまくやりくり。試合内容は改善箇所が散見。今日のバタバタ感はいただけない。。。。

 

 

 

酒井高徳のボランチ起用、浅野拓磨のインサイドMF起用、長谷部誠のリベロ起用の興味深い解説が読めるフットボリスタ2017年4月号

月刊footballista (フットボリスタ) 2017年 04月号 [雑誌]

月刊footballista (フットボリスタ) 2017年 04月号 [雑誌]

 

  

日本代表 タイ戦 スタメン予想

3/23に行われたUAE戦後、3人の離脱が発表された。

 

大迫勇也今野泰幸、髙萩洋次郎。

 

で、追加招集2人。

 

小林悠遠藤航

 

GK
西川周作浦和レッズ
川島永嗣(メス)
林彰洋FC東京
 
DF
酒井宏樹マルセイユ
酒井高徳ハンブルク
長友佑都インテル
槙野智章浦和レッズ
吉田麻也サウサンプトン
森重真人FC東京
昌子源鹿島アントラーズ
植田直通鹿島アントラーズ

遠藤航浦和レッズ) **追加招集

 

MF
長谷部誠(フランクフルト) *怪我のため離脱
山口 蛍(セレッソ大阪
今野泰幸ガンバ大阪) *怪我のため離脱
髙萩洋次郎(FC東京) *怪我のため離脱
倉田秋ガンバ大阪
香川真司ドルトムント
清武弘嗣セレッソ大阪
 
FW
本田圭佑ミラン
浅野拓磨シュツットガルト
原口元気ヘルタ・ベルリン
宇佐美貴史アウクスブルク
大迫勇也(ケルン) *怪我のため離脱
岡崎慎司(レスター)
久保裕也(ヘント)

小林悠川崎フロンターレ) **追加招集

 

UAE戦の勝利に大きく貢献した大迫今野UAE戦後、怪我の為に離脱となった。。。。

 

高萩も怪我で離脱。。。。

 

ホント野戦病院と化してる。。。。

 

そこに追加招集で、小林悠遠藤航が加わった。

 

今回のハリルさんの選択、決断はどうなるんだろうか??

 

 

ケガ人続出のボランチは??

 

負傷・離脱の大迫の代役は??

 

本田のスタメン復帰は??

 

GKは横一線??

 

追加招集組のスタメンは??

 

アンカーを置く形にするのか??

 

今回はこんな要素を考えて、スタメンを予想してみた。

続きを読む

日本代表 UAE戦 採点

日本 2 - 0 UAE 2018年ロシアW杯アジア最終予選 3/23, 2017

 

 

スタメン

川島永嗣 6.5 前半のビッグセーブでUAEに流れが行くのを止めた。

酒井宏樹 6.5 久保の先制点を生み出した素晴しいパスでアシスト。右サイドを上下し攻撃に守備に貢献。

吉田麻也 7.5 前に出る積極的な守備で再三UAEの攻撃をカット。集中力も増し、キャプテンとしてチームを鼓舞し続けた。

森重真人 6.0 吉田、山口と連携してUAEの攻撃を早い段階で潰していた。

長友佑都 5.5 攻撃面ではあまり目立った動きはなかったが、守備はシンプルに対応して完封に貢献。

山口蛍    6.0 後半に入るとポジショニング、2CBとの連携も向上しUAEにうまく攻め込ませなかった。

今野泰幸 8.0 いいポジショニング、読み、経験値の高さでUAEから多くのボールを奪取。時折、前線の深い位置まで攻め上がり、後半には追加点も。少しカンテっぽくみえた。

香川真司 5.5 目立った活躍はなかったが、何か試合のリズムを整えようとしているようにみえた。

久保裕也 8.0 スーパーな先制点!!素晴しいアシスト!!得点に繫がった意外の場面でも積極的にドリブル、仕掛ける姿勢がみられた。

原口元気 6.5 得点はみられなかったが、自陣深いところまで戻って守備でも貢献。

大迫勇也 7.5 大迫がいることによって、前でボールをうまく収められる。身体のぶつけ方うまい。

 

交代

倉田秋    6.5 いいスルーパスを通していた。

本田圭佑 5.5 ゲームに入れないまま試合が終わったような感じ

岡崎慎司 - 出場時間短く採点不可

 

監督

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督 7.5 昨年のサウジアラビア戦に続き、思い切った選手選考、久保、今野、川島のスタメン起用があたる。中東アウェイで勝点3を勝ち取ったことは評価できる。

 

 

 

4?2?3?1?サッカーを戦術から理解する? (光文社新書)