読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fc8Times

welcome to wherever you are

チェルシー プレミアリーグ 18節 ボーンマス戦 採点

チェルシー 3 - 0 ボーンマス プレミアリーグ 18節 12/26, 2016

 

破竹の勢いは、クリスマス・ブレイク明けでも、

 

ディエゴ・コスタ (Diego Costa)カンテ(Kante)が、累積警告で出場停止でも、

 

止められないー!!

 

で、クラブ記録の12連勝!!


で、また、クリーンシート!!

 

強い、強い!!!!

 


ディエゴ・コスタカンテが出場停止で、スタメンがどうなるか興味深かったけど、バチュアイ (Batshuayi) は、大方の予想を覆して、ベンチスタート。


カンテの位置には、セスク (Fabregas) 

fc8times.hatenablog.com

 

 

前線は、アザール (Hazard)ペドロ (Pedro)ウィリアン (Willian)


アザールは、偽9番 (False Nine)で、特にアザールペドロが頻繁にポジションを換えたり、下がったりでかなり流動的にみえた。

 

これがあたった!!

 

コンテ、さすが!!

 

 


序盤は、ボーンマスもプレッシャーが強めで、主導権を握りあい。

 

でも、24分のペドロのファンタスティックなビューティフル・ゴールで先制!!

ここから徐々にブルーズが主導権を握りつつ、ボーンマスの反撃をいなし、
前半を終える。

 

後半も早々の49分にアザールが、プレミアリーグ50ゴール目となるPKを決めて、2-0。 

 

これで流れは完全にチェルシーになり、終了間際(94分)のペドロの2点目で、3-0となり、試合終了。

 

 

スタメン

クルトワ (Courtois) 6.0 後半、アフォベのシュートをファインセーブ。その他は、危険なシーンがそもそも少なかった。

アスピリクエタ (Azpilicueta) 7.0 ほぼ完璧に守備を遂行。タイミングをみて、右の高い位置にも表れた。

ダヴィド・ルイス (D. Luiz) 6.0 大きなミスも無く、いつも通り3バックの真ん中で、ボーンマスの攻撃を跳ね返す。

ケーヒル (Cahill) 6.0 アグレッシブな守備で貢献。テクニックをみせたのか、危なっかしいと思ったシーンがあった。

モーゼス (Moses) 6.0 いつものように右サイドを上下動して勝利に貢献。ゴールを決められたシーンで大きく外す場面も。 

セスク (Fabregas) 7.0 カンテのようにはいかないが、守備でも奮闘。攻撃のタクトはさすが。

マティッチ (Matic) 5.5 なんか少し不安定感を露呈。疲れか??

マルコス・アロンソ (M. Alonso) 5.5 いつものように左サイドで上下動。けど、いつものようなインパクトには欠けた。 

ウィリアン (Willian) 6.5 アザール、ペドロとともに前線で掻き回して、ボーンマスを混乱に陥れた。 

ペドロ (Pedro)  8.0 完璧!! 落ち着いた完璧な美しい1点目。試合全体を通して、ボールを前に運ぶ動き ドリブルに相手への突っ掛け。完璧!!次の試合、累積警告で出れないのが悔やまれる。。。。

アザール (Hazard) 7.5 偽9番としてディエゴ・コスタの位置に入り、特にペドロと流動的にポジションを頻繁に交換。自身プレミアリーグ50ゴール目となるPKも決めた。ラボーナも飛び出し、プレーするのが楽しそう。

  

交代

チャロバー (Chalobah)  - 出場時間短く採点不可

アイナ (Aina) - 出場時間短く採点不可

バチュアイ (Batshuayi) - 出場時間短く採点不可

 

監督

アントニオ・コンテ監督 (Antonio Conte) 7.0 バチュアイではなく、アザールアザールの偽9番も機能し、さすがのひとこと。クラブレコードの12連勝はほんとスゴいにつきる。チャロバー、アイナの経験を積ませるのも分かるが、バチュアイをもう少し早く投入してもよかったのかな??バチュアイ腐らないきゃいいけど。

 

 


次節は、年内最後のストーク戦

 

 

この勢いで13連勝!!